ABOUT

STURMANSKIE history

1949年

ナビゲーターの意味を持つSTURMANSKIE(シュトゥルマンスキー)は、1949年ソ連陸軍・海軍・空軍のために開発された。その前身は、1928年創業のソビエト連邦(現ロシア)にあったモスクワ第一時計工場が源流である。当時は、モスクワ第一時計工場の一つのモデルという位置付けであった。

1961年4月12日

若きロシア人パイロットYuri Gagarin(ユーリーガガーリン)が、腕にSTURMANSKIE(シュトゥルマンスキー)を装着し史上初の宇宙飛行を成功させた。
この出来事をきっかけに社名をモスクワ第一時計工場から飛行を意味するPOLJOT(パリョート)に変更した。POLJOTは、一般流通を禁じ特殊な任務につく宇宙飛行士の腕に巻かれ宇宙へ行くことになる。

1965年

1965年には、人類初の宇宙遊泳を果たすアレクセイ・レオ―ノフにはモデル“STRELLA(ストレラ)”やアレクセイ・グバレフには、モデル“SECONDA(セコンダ)”が使用されるなど、宇宙と関係の深い時計ブランドである。フランス、ドイツ、日本、インド、ポーランドからの宇宙飛行士にも使用されることになった。

2002年

シュトゥルマンスキーは、クレムリン傍にある時計工場でデザインから製造やアッセンブルも行っている 時計メーカーです。POJOT社は解体され、STURMANSKIE(シュトゥルマンスキー)はVOLMAX社が引継ぎ世界中に展開している。ロシア連邦の首都モスクワの中心部に位置し、時計技師により一本ずつ丁寧に組み立て製造を行っている。
POJOT時代からの行ってきたマリンクロノメーターを海軍への納入や軍から発注で部隊オリジナル時計などの製造もおこなっているロシア最大の時計ブランドです。