Skip to content Skip to footer

STURMANSKIE history

ロシア最大の時計メーカー

STURMANSKIE(シュトゥルマンスキー)は、ソビエト連邦時代モスクワ第一時計工場(The First Moscow Watch Factory=1MWF)の創業まで遡ります。

1930年に時計工場は設立され、

1940年代にモスクワ第一時計工場と名前が変更され発展の歴史が始まりました。
第2次世界大戦後、ソビエト連邦は、領空・領海・北極・南極・宇宙開発で主権を取る事という大きな目標を掲げます。 そのためには、信頼性が高く、過酷な条件下で稼働する時計製造の開発が不可欠で、様々な歴史的な時計が誕生しました。

1949年には、人類史上初の宇宙飛行を達成するユーリ・ガガーリンが使用することになるパイロット用の時計シュトゥルマンスキーが誕生。
1957年に、世界初の宇宙衛星の誕生を記念して製造されたスプートニク。南極・北極探検で使用されたアルクティカ。

1959年、アラームウォッチの開発。
1961年に人類初の宇宙飛行を成功させたレオノフが使用したストレラ(現;オープンスペース)。
ガガーリンが宇宙飛行に成功し、社名をPOLJOT(飛行)に変更。

1970年に入ると、3133クロノグラフを搭載したオケアン。
海で使えるダイバーウォッチアンフィ―ビアや深海で作業を行えることを目的とした腕時計(現:スティングレー)など開発は多岐にわたりました。
2002年には、ブランドシュトゥルマンスキーとして再編成され現在に至ります。
歴史的なモデルを現在に蘇らせ唯一無二のソビエトデザインウォッチブランドとして世界中で展開しています。
Best Choice for Creatives

This Pop-up Is Included in the Theme

Purchase Reprizo